クリーニング

ドライクリーニングの品質向上【専門業者によるベースタンク清掃】

困った主婦
クリーニング店の品質はどこがポイントなの?

今日はそんな疑問にお答えします!

クリーニング店の品質は「ドライクリーニングが適正に行われているかどうか?」です。

ドライクリーニングはクリーニング店にしか出来ない洗い方です。

その取扱いが正しいかどうかがポイントになります。

あいざわ
ちゃんと管理されているかどうかですね!

今日は当店が定期的にしているドライクリーニング機械のメンテナンスをご紹介させて頂きます。

よろしかったらご覧ください。

\ お問い合わせはLINEから!/友だち追加

ドライクリーニングの品質向上

ドライクリーニングの品質向上【専門業者によるベースタンク清掃】

本日、専門業者による作業が行われました。

専門業者によるベースタンク清掃

ドライクリーニング機械には溶剤を貯めるベースタンクと言う物があります。

そこにはこれから洗濯機に入る溶剤がある訳なんですが、使っている間に砂など若干ですがゴミが溜まってしまいます。

このゴミが酸化すると悪臭になりますので除去する必要があるんです。

自分でこの作業をするのはちょっと難しいため専門業者にお願いしています。

経費は掛かります

当然ですが経費は掛かります!

この作業、愛知県からいらして下さるので当然交通費も掛かりますし、特殊作業ですので経費が掛かってしまいます。

しかし、品質向上に欠かせませんので必要経費です。

ちゃんと管理しているクリーニング店とそうでないお店、どちらを選びますか?

品質にこだわる理由

ドライクリーニングの品質にこだわる理由はクリーニングの最初の工程だからです!

ここで油分やホコリなどを確実に除去していなければウェットクリーニングもしみぬきも意味が無いんです。

変な話ですが他店様で落ちないシミをご依頼頂く事も多いのですが、染み抜きしたら処置した周りが輪になってしまう事があります。

この原因もドライクリーニングの溶剤が正しく管理出来ていない事なんです。

つまり、ドライクリーニングの溶剤管理が適正に行われているかどうかがクリーニングの品質の良し悪しではないかと思います!

当店では多少の経費は掛かりますが定期的にこのメンテナンスをお願いしているんです。

まとめ:ドライクリーニングの品質向上には専門業者によるベースタンク清掃も行っています!

ドライクリーニングの品質向上にはベースタンクの清掃が必要です!

実際に目に見える場所ではありませんが、ここが重要だと考えています。

より良いクリーニングを目指していますので定期的に行っています。


当店ではLINE@にて相談をお受けしています。

臨時休業などもお知らせもこちらから発信していますので是非ご登録お願いいたします。

\ お問い合わせはLINEから!/友だち追加

店舗のご案内

クリーニングあいざわへようこそ!   困った人こんな所にシミが…。 困ったな~。 ごあいさつ こんにちは! クリーニングあいざわ相澤弘幸です。 この度は当店のホームページをご覧頂きありがとう ...

続きを見る

-クリーニング
-

© 2020 クリーニングあいざわブログ Powered by AFFINGER5