クリーニング

ドライとウェット【クリーニング方法の違い】

困った主婦
ドライクリーニングって何なの?

ウェットって?

わからない事だらけだわ?

今日はそんな疑問にお答えします!

簡単に言えばドライクリーニングは水を使わないクリーニングです!

クリーニングでわかりづらいのがドライとウェットの違いです。

店頭で説明されてもいまいち理解出来ない方も多いんじゃないでしょうか?

あいざわ
今日はドライクリーニングとウェットクリーニングの違いを簡単ですが説明させて頂きます!

よろしかったらご覧ください!

\ お問い合わせはLINEから!/友だち追加

 

ドライとウェット【クリーニング方法の違い】

ドライとウェット【クリーニング方法の違い】

ドライとウェット【クリーニング方法の違い】

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは水を使わない洗浄方法です。

困った主婦
水を使わないって、何で洗うの?

実はドライクリーニングでは溶剤と呼ばれる無色透明な物で洗うんです❗

毎朝チェックする当店の溶剤もご覧の通り無色透明。

この綺麗な溶剤はお洋服についた皮脂や料理の匂い、さらに排気ガスなどのホコリを落とすのに効果的です!

ウェットクリーニングとは?

ウェットクリーニングは逆に水を使うクリーニング。

ただ家庭洗濯とは一線を画す物で生地の種類で洗剤が違ったり色によっても変わります。

水は繊維への負担が大きいためプロの知識と技術が試されるクリーニング方法です。

画像はスーツ。

当店は1着づつ手洗いです。

こうする事によって型崩れや生地へのダメージを最小限にします。

どうちらも得手不得手が。

どちらが良いクリーニングか?

そんな疑問もあるかと思います。

実はこの両者があってこそのクリーニング店なんです!

ドライはホコリや油分の除去に適し、ウェットは汗など水に溶ける汚れに適しています。

逆に言えばドライで汗は落ちにくく、ウェットでは油分が落ちにくいんです!

両方を使う事で良いクリーニングが出来るんです!

ウェットが料金アップする理由

ウェットクリーニングはドライクリーニング後にするため二度洗いになります。

お洋服は縫製の際プレスで繊維にクセを付け型を整えています。

それが水に濡れる事で元に戻る性質があるため仕上げに手間が掛かってしまうんです。

そのために料金がアップするんです。

まとめ:ドライとウェット、上手にクリーニングを使いましょう!

クリーニングを上手に使って頂くためにも受付で気になる事をお伝え下さい。

例えば

  • 1回だけ着た
  • 暑くて汗かいた
  • 飲み物をこぼした

など、受付でお伝えくだされば適切なクリーニングを提案出来ます!

お分かりの通り汚れによって適したクリーニング方法は違います。

プロの目線から「これはドライがベスト」、「これはドライとウェット」、「これはドライで洗えないからウェットだけがベスト」など様々な角度から判断します!

上手にクリーニングを使うためにも気になった事は受付でお伝えください!


当店ではLINE@にて相談をお受けしています!

臨時休業などもこちらで発信していますので是非ご登録ください!

\ お問い合わせはLINEから!/友だち追加

店舗のご案内

クリーニングあいざわへようこそ!   困った人こんな所にシミが…。 困ったな~。 ごあいさつ こんにちは! クリーニングあいざわ相澤弘幸です。 この度は当店のホームページをご覧頂きありがとう ...

続きを見る

-クリーニング
-,

© 2020 クリーニングあいざわブログ Powered by AFFINGER5