衣類のお直し

セーターの虫穴修理の事例【ニット製品は1本の糸が切れただけで穴があきます❗】

セーターに穴が開いちゃったけど、どうすればいいの?

この記事ではそんな疑問にお答えします❗

ズバリ、お直ししてまた着て下さい❗

虫食いにしろ引っ掛けにしろ、ニットはたった1本の糸が切れただけで穴があきます❗

その穴もそのままだとドンドン広がってしまいます❗

よろしかったら事例をご覧頂き参考になさってください🙇

[temp id=4]

セーターの虫穴修理の事例【ニット製品は1本の糸が切れただけで穴があきます❗】

たった1本が切れただけで…。

セーターやカーディガンなどのニット、つまり編み物は糸を丸く編んで生地を作っています。織物と違いたった1本の糸が切れると丸まった糸がそこから元に戻り、力が加わりほどけて行きます。すると穴になってしまうんです。

でも穴があいたままでは着られませんよね😅

事例

小さな穴があいています。おそらく虫に食われたんだと思います。

当店ではこの穴をかがるだけの簡単なお直しをさせて頂きます✨

若干ですが修理した跡は残ってしまいます。

たったこれだけで捨てるには…。

せっかく気に入って買ったセーター、たったこの小さな穴だけで捨てるのは忍びないと思いませんか?

当店では同じ様なお直しを多くさせて頂いており、皆さん同じ気持ちなんだな~と思います✨

お直ししてまた着て下さい❗

このニットの穴修理、穴が小さかったり、少なければ目立たないのですが大きくなってしまったり、複数の穴がある場合はやはり目立ってしまいます。

穴があいてしまってるのに気付いたら直ぐに直すのがベストです。そのまま着ていれば当然の様に引っ張られドンドン穴が大きくなってしまいます❗

是非、早めのお持ち頂き相談していただければと思います🙇

衣類のお直し、修理跡は残ってしまいますがリーズナブルにする事が可能です。修理跡が目立ちにくい「かけはぎ」も承っておりますのでご相談ください。

[temp id=4]

[temp id=2]

-衣類のお直し

© 2020 クリーニングあいざわブログ Powered by AFFINGER5